妊娠中にノンアルコールビールは飲んでも良い?選び方や注意点を徹底解説!

妊娠中にノンアルコールビールは飲んでも良い?選び方や注意点を徹底解説!

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

「妊娠中はノンアルコールビールを飲んでも大丈夫?」「どのくらいのアルコールだったら大丈夫?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。妊娠中は、アルコールを控えるのが一般的ですが、お酒好きの方や、気分転換したい方などは、ついつい飲みたくなるものです。

この記事では、妊娠中のノンアルコールビールの選び方や飲み方について詳しく解説します。アルコールが身体や赤ちゃんへ及ぼす影響など、妊娠中の飲酒について気になっている方の参考になる内容となるでしょう。また、おすすめのノンアルコールビールも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

妊娠中にノンアルコールビールを飲んでも良い?

妊娠中はアルコールを控えることが推奨されていますが、ノンアルコールビールなら飲んでも良いのでしょうか。なぜ妊娠中のアルコールがいけないのか、ノンアルコールビールとは一体何なのかなどの疑問をこれから解説します。

アルコール度数0.00%であれば飲んでも良い

ノンアルコールビールで、アルコール度数が0.00%と表示されているものは、アルコールが全く含まれていないか、限りなく0に近いので、妊娠中に飲んでも問題がないと考えられます。

そもそもノンアルコールビールとは、日本の酒税法によるとアルコール分が1%未満のものを「ノンアルコールビールテイスト飲料」と呼び、アルコール飲料には該当しないとされているものです。国内では、アルコール度数が0.05未満がノンアルコール、0.05%~1%未満が低アルコールや微アルコールと表示されていることが多いです。

ただし、妊娠中でのアルコール摂取は、微量でも胎児に影響を与える可能性があるため、アルコールを少しでも摂取したくないという方は必ずアルコール度数が0.00%と表示されているものを選びましょう。

0.00%と表示されていても、商品情報の詳細や、メーカーに問い合わせるとより安全です。


ノンアルコール飲料が胎児に及ぼす影響

妊娠中の飲酒は、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。特に妊娠初期は、胎児の臓器や神経系が形成される重要な時期なので、お酒は控えるべきです。

アルコールは胎盤を通して胎児に届きますが、胎児はお酒を分解する能力が低いため、血中濃度が高くなります。これにより、胎児の成長や発達に障害が起こる恐れがあり、母体にも負担がかかります。

それでは、ノンアルコール飲料では胎児に影響はないのでしょうか。実はノンアルコールと表示されていても微量のアルコールが入っている場合があるので、妊娠中には特に注意が必要です。微量だからといっても、継続的に飲むことえ蓄積される可能性もあり、胎児にとって悪影響となることもあります。

妊娠中は飲料のアルコール含有量には細心の注意が必要です。

妊娠中のアルコールはどれくらいなら大丈夫?

妊娠中は、どこからが安全でどこからが危険という確立されたアルコール許容量はありません。日本産婦人科医会によると、胎児への影響が少ない一日のアルコール摂取量は、15ml未満となっていますが、個人差があるので、安全性を保証する数値ではありません。

妊娠中のアルコール摂取は、胎児性アルコール症候群や流産などの危険性をはらんでいます。妊娠超初期(妊娠0~4週)のアルコール摂取は、胎児への影響は少ないとされていますが、大量飲酒は胎児や母体に重大なリスクがあることは認識しておきましょう。一時の我慢と考えて、飲酒をしないことが望ましいです。

メーカーの見解は?

妊娠中にノンアルコールビールを飲むことについて、製造メーカーはどのような見解を示しているのでしょうか。公式サイトから以下のコメントがありました。

【キリンホールディングス│お客様相談室のよくある質問より】

Q.キリンのノンアルコール飲料は妊娠・授乳中でも飲めますか?

A.アルコール0.00%を実現しておりますので、妊娠・授乳期間にお召し上がりになっても、アルコールを摂取することになりません。ご安心ください。

原材料・栄養成分は容器に記載しておりますので、ご心配なことがありましたら、あらかじめかかりつけのお医者様に相談ください。

出展:キリンホールディングス公式サイト

【サントリーホールディングス株式会社│『オールフリー』についてのよくある質問より】

Q.オールフリーは、妊産婦(妊婦)・授乳中の女性が飲んでも大丈夫ですか?

A.『オールフリー』は、アルコール0.00%なので、アルコールによる影響はありません。

出展:サントリーホールディングス株式会社公式サイト

【サントリーホールディングス株式会社│『のんある気分』についてのよくある質問より】

Q.妊娠中や授乳期に飲用しても大丈夫でしょうか?

A.アルコール0.00%なので、妊娠中や授乳期に飲用してもアルコールによる影響はありません。

アルコール以外による、個人の方への影響はわかりかねますので、心配な方は医師へ相談ください。

出展:サントリーホールディングス株式会社公式サイト

アルコールが0.00%であれば妊娠中でも問題なく飲めることがわかります。最近はノンアルコール飲料の銘柄が増えたので、選ぶ楽しみもあります。


【妊娠中でも飲みたい】アルコールと妊娠の関係

妊娠中でも、お酒好きな人はお酒を飲みたくなるものです。また、そうでない人でも妊娠してから飲みたくなったという人もいます。

ここからはアルコールと妊娠の関係を解説します。

妊娠中にアルコールNGな理由

妊娠中にアルコールを飲むと、胎児や生まれてくる赤ちゃんに悪影響があるとされているため、妊娠中のアルコールは一般的にNGです。アルコールが胎盤を通して胎児に届き、分解能力の低い胎児は、発育や脳の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。

妊娠中にお酒を飲んだら、母親と胎児にアルコールが届きますが、分解能力が低い胎児の身体には長くアルコールが残ってしまいます。飲酒して母親が平気だからといっても、胎児は大変な目にあっていることを認識しなければいけません。

アルコールの赤ちゃんへの影響

妊娠中にアルコールを飲むと、以下のようなリスクがあります。

  • 流産や早産の危険性が高まる
  • 赤ちゃんが低体重児や小頭症になる可能性がある
  • 赤ちゃんが先天性心疾患や先天性奇形になる可能性がある
  • 赤ちゃんが胎児性アルコール症候群(FAS)になる可能性がある

胎児性アルコール症候群(FAS)とは、母親が妊娠中に過度なアルコール摂取をしたことで、赤ちゃんが生まれてからも成長障害や知能障害、行動障害などの問題を抱える症候群です。

FASは完全に予防できる病気ですが、1度発症すると治すことはできません。不安があるのであれば、妊娠中はアルコールを一切飲まないようにしましょう。

妊娠中はストレスを抱えやすい

妊娠中は、体調の変化や赤ちゃんの成長に不安を感じたり、仕事や家事に負担を感じたりすることで、ストレスを抱えやすくなります。ストレスは、身体的な影響だけでなく、精神的な影響も及ぼします。

また、ストレスは母体だけでなく胎児にも悪影響を与えるかもしれません。ストレスは、胎盤から分泌されるホルモンや胎児の心拍数に影響し、早産や低体重児のリスクを高めると言われています。

そこで、妊娠中はストレスを溜め込まずに解消することが大切です。適度な運動や趣味、リラクゼーションなどが有効です。また、お酒が好きな人にとっては、ノンアルコールビールを飲むことも良いでしょう。アルコール分が0.00%であれば赤ちゃんに影響はなく、ビールの味や香りで気分転換ができます。

ノンアルコールビールの選び方

妊娠中や車の運転をする方でも、気軽に飲用できるのがノンアルコールビールです。ただ、どのようにノンアルコールビールを選んで良いかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここからは、ノンアルコールビールの選び方を詳しく紹介するので、参考にしてください。

国産・海外産

ノンアルコールビールは国産と海外産がありますが、成分やアルコール度数にも違いがあります。国産のノンアルコールビールは、アルコール分0.00%のものがほとんどです。

しかし、日本の酒税法では、「アルコール分1度(1%)以上の飲料」を酒類と定義していて、海外産のノンアルコールビールの中にはアルコール度数が0.00%ではないものが含まれています。

妊娠中は微量でもアルコールを含むものは控えるべきです 。そのため、表示をよく確認して、国産かつアルコール分0.00%のものを選ぶようにしましょう。

アルコール0.00%

ノンアルコールビールと呼ばれる飲料でも、微量ながらアルコールを含むものがあります。妊娠中にはどのくらいの量であっても、アルコールは母子ともに悪影響を及ぼす可能性があり、安全な量や時期は存在しません。

そのため、妊娠中は必ず「アルコール0.00%」と表示されているものを選びましょう。また、他の成分にも気をつけて、カロリーや糖分などを適度に摂取するようにしましょう。

特定保健用食品

特定保健用食品とは、厚生労働省が認めた機能性を持つ食品のことです。特定保健用食品のノンアルコールビールは、一般的なノンアルコールビールよりもカロリーや糖分が低く、肝機能の改善や血圧の低下などの効果が期待できます。

しかし、特定保健用食品のノンアルコールビールにも微量のアルコールが含まれている場合があります。妊娠中には、どんなに少量でもアルコールを摂取することは避けた方が良いです。そのため、特定保健用食品のノンアルコールビールを選ぶ場合は、必ず表示を確認してください。

機能性表示食品


機能性表示食品とは、メーカーが自主的に機能性を表示した食品のことです。機能性表示食品のノンアルコールビールは、一般的なノンアルコールビールと同じく、お酒のような味や香りを楽しめます。

また、機能性表示食品のノンアルコールビールには、アルコール分0.00%のものが多くあります。アルコール分0.00%のノンアルコールビールならば、妊娠中でも安心して飲むことが可能です。

ただし、機能性表示食品のノンアルコールビールにもカロリーや糖分などが含まれている場合があるので、過剰摂取は控えるようにしましょう。

妊娠中に飲んでも良いノンアルコールビール&飲料

妊娠中でもビールの香りや味が恋しくなるものです。そんな時はアルコールによる影響のないノンアルコールビールを選びましょう。ここからは妊娠中に飲んで良いノンアルコール飲料を10選紹介します。

アサヒ|ドライゼロ

引用元:アサヒビール株式会社公式サイト

  • アルコール分0.00%
  • カロリーが低いのでダイエットにもおすすめ
  • ビールのような味わいと飲みごたえ

メーカー

アサヒビール株式会社

品名

ドライゼロ(ドライゼロ)

内容量

350ミリリットル

料金

希望小売価格の設定なし

※料金は税込です

アサヒビールのドライゼロは、アルコール分が0.00%のノンアルコールビールです。アルコールが含まれていないため、飲酒運転の心配がなく、妊娠中や授乳中の方でも安心して飲むことができます。

また、カロリーも低く、ダイエット中の方にもおすすめです。同商品のなかにはカロリー、糖質、プリン体などが0のドライフリーゼロという商品もあるので、手に取ってみてください。

アサヒビールは、ドライゼロを「最もビールに近い味」として開発しました。そのため、ドライなノドごしとクリーミーな泡のビールらしい飲みごたえと、食事に合うすっきりした味わいを楽しめます。

Amazonでドライゼロを購入する

キリン|零ICHI (ゼロイチ)

引用元:キリンホールディング公式サイト

  • アルコール分0.00%
  • 上品なコクとすっきりとした後味
  • 麦のうまみが引き立っている

メーカー

キリンホールディングス

品名

零いち

内容量

350ミリリットル

料金

147円

※料金は税込です

キリンの零ICHIは、一番搾り製法で麦のうまみを丁寧に引き出した、上品なコクとすっきりとした後味のノンアルコールビールです。アルコール分が0.00%でありながら、本当のビールのような味わいを楽しめます。

零ICHIは、飲み口がすっきりとしているので、食事との相性も良く、食中酒としてもおすすめです。また、ビールに含まれるビタミンB1やB2も配合されており、栄養面でも優れています。アルコールが含まれていないので、妊娠中や授乳中でも安心して飲めます。

Amazonでゼロイチを購入する

小樽ビール|ノンアルコールビール

引用元:小樽ビール公式サイト

  • 麦芽から手間ひまかけた本格製法
  • 豊富なミネラル分でのどや身体の渇きを潤す
  • 深いコクと味わい、クリーミーな泡

メーカー

小樽ビール

品名

ノンアルコールビール

内容量

ボトル

料金

225円

※料金は税込です

小樽ビールのノンアルコールビールは、麦汁から手間ひまかけて仕立てます。人工甘味料・香料・着色料・保存料などは一切未使用で、安心して飲むことができるでしょう。

また、豊富なミネラル分のためカラダへの吸収が速く、喉や身体の渇きを癒す「機能性健康炭酸麦芽飲料」です。小樽ビールのノンアルコールビールは、黒ビールタイプもあり、香ばしい深いコクと味わい、豊でクリーミーな泡立ちが特徴です。

妊娠中やアルコールが苦手な方でも、本格的な麦芽仕込みのビールが堪能できます。

小樽ビールノンアルコールビールをAmazonで購入する

新潟麦酒|ノンアルコール

引用元:新潟麦酒公式サイト

  • アルコール分0.00%
  • 地ビール界のパイオニア企業が製造
  • ビールと同じ原料のみで製造

メーカー

新潟麦酒

品名

ノンアルコール

内容量

350ミリリットル

料金

408円

※料金は税込です

新潟麦酒のNON ALCOHOLは、ビールと同じ原料のみで作られた本格ノンアルコールビールです。アルコール分が0.00%にもかかわらず、アルコール入りの新潟麦酒に匹敵する人気があります。

新潟麦酒は、1997年に創業し、日本で初めて「瓶内発酵」、「瓶内熟成」という珍しい酒造免許を取得した、本格地ビール界のパイオニアです。代表の「とにかく、自分たちが美味しいと思ったものを作る」という信念が、ノンアルコールにも現れています。

しっかりとした麦の香りや苦味、すっきりさわやかなノド越しを楽しめるでしょう。

新潟麦酒ノンアルコールをAmazonで購入する

 

サントリー|まるで梅酒なノンアルコール

引用元:サントリーホールディングス公式サイト

  • じっくり漬け込んだ梅酒のような味わい
  • ロックやソーダ割に最適
  • 金色の和紙をイメージした贅沢感あるデザイン

メーカー

サントリーホールディング

品名

まるで梅酒なノンアルコール

内容量

280ミリリットル

料金

217円

※料金は税込です

まるで梅酒なノンアルコールは、その名の通り、本格的な梅酒のようなノンアルコール飲料です。アルコール分が0.00%なので、妊娠中や運転中でも気にすることなく飲用できます。

サントリー独自の製法により、熟成された紀州産の梅酒からつくられており、深みのある味わいが楽しめます。美味しさが凝縮されているので、ロックやソーダ割に最適です。場所や体調をを気にせず、気軽に梅酒のテイストが楽しめるでしょう。

まるで梅酒なノンアルコールをAmazonで購入する

八木酒造|のんある とろとろの梅酒

引用元:八木酒造公式サイト

  • 奈良県の老舗酒造会社の商品
  • 濃厚で贅沢なとろとろ感
  • 奈良県産の南高梅使用

メーカー

八木酒造

品名

のんある とろとろ梅酒

内容量

720ミリリットル

料金

1,404円

※料金は税込です

八木酒造ののんある とろとろの梅酒は、奈良県の老舗酒造が製造するノンアルコール飲料です。商品名に「とろとろ」とあるように、梅の果肉を丁寧に煮込んで作られています。

また、梅酒に使用されている梅は、奈良県産の南高梅を使用しており、その味わいはまさに奈良県産の梅酒ならではのものとなっています。シロップに近いほどのとろとろ感は、濃厚で贅沢です。

アルコール度数が0.00%でありながら、まるで本格的な梅酒のような味わいを楽しむことができます。

のんある とろとろの梅酒をAmazonで購入する

福光屋|零の雫

引用元:福光屋公式サイト

  • 自社栽培の国産米を使用
  • 香り高く味わい深い
  • 栽培から製造まで一貫した品質の高さ

メーカー

福光屋

品名

零の雫

内容量

200ミリリットル

料金

324円

※料金は税込です

福光屋の零の雫は、日本酒で有名な福光屋が製造・販売しています。零の雫は、福光屋が自社で栽培した国産米を使用していることが特徴です。

また、酒米を丹念に磨いているため、香り高く、味わい深い日本酒テイストとなっています。

さらに、福光屋は、自社で栽培から製造までを一貫して行っているため、品質にもこだわっています。その品質の高さから、全国的にも高い評価を受けています。

零の雫をAmazonで購入する

ヴィンテンス|メルロー&シャルドネ

引用元:VINTENSE公式HP

  • ベルギー産の本格ノンアルコールワイン
  • 香りと味わい深いテイスト
  • 肉料理や魚料理に好相性

メーカー

スタッセン

品名

メルロー&シャルドネ

内容量

750ミリリットル/1本

料金

1,400円/1本

※料金は税込です

赤ワインのメルローと、白ワインのシャルドネは、ベルギーのスタッセン社が製造しているノンアルコールワインです。多くの結婚式やホテル、レストランなどで取り扱っていて有名です。赤白の2本セットでの購入をおすすめします。

メルローは、フルーティでコクがあり、赤みの肉やチーズとの相性が良いです。シャルドネは、シトラスのさわやかな香りがあり、白身の魚料理に良く合います。

ヴィンテンス|メルロー&シャルドネをAmazonで購入する

斎藤飲料|ヘイ!ボール

引用元:斉藤飲料工業株式会社

  • アルコール0.00%のハイボールテイスト飲料
  • ウイスキーハイボールの香りと美味しさを再現
  • 爽快な飲み心地のある独自フレーバー

メーカー

斎藤飲料工業

品名

ヘイ!ボール

内容量

330ミリリットル

料金

希望小売価格なし

※料金は税込です

斎藤飲料のヘイ!ボールは、ハイボールテイストのノンアルコール飲料です。ウイスキーハイボールの香り豊かな美味しさを再現しています。

アルコール分が0.00%なので、妊娠中や授乳中でも安心して飲用可能です。ハイボール好きなら試してみたい銘柄だと言えるでしょう。

妊娠中にノンアルコールビールを飲むときの注意点

ノンアルコールビールは、アルコールによる影響はないといっても、妊娠中は飲み方に気をつけなければいけません。

ここからは3つの注意点を紹介します。

ノンアルコールビールを飲みすぎないようにする

ノンアルコールビールがおいしくて、気分も高揚しているからといって、飲みすぎには注意が必要です。

特に妊娠中に冷えたノンアルコールビールを飲みすぎると、身体が冷えてしまいます。身体が冷えると、血行不良や免疫低下の問題が起こりやすく、血流が重要な子宮や胎盤に少なからず影響が出るかもしれません。

身体を冷やさない対策としては、ノンアルコールビールを常温で飲むか、温かいスープやお茶などと併せて摂るといいでしょう。

国内産を選ぶようにする

妊娠中は、国内産のノンアルコールビールを選ぶことをおすすめします。お店で販売されているノンアルコールビールにはさまざまな種類があり、外国産もよく見るようになりました。

国内産と外国産では、表示基準や製造方法が異なる場合があります。酒税法によるノンアルコールビールの基準はアルコール値が1%未満なので、外国産のアルコール値が高い商品がノンアルコールビールとして売られている場合があります。

妊娠中は、知っている国内メーカーのアルコール値0.00%の飲料を選びましょう。

カロリーに注意する

ノンアルコールビールを飲みすぎると、カロリーや炭水化物の摂りすぎになる可能性があります。ノンアルコールビールは、一般的なビールよりもカロリーが低いですが、それでも100mlあたり約20kcal程度はあり、炭水化物も5g程度含まれています。これは白米1口分相当です。

妊娠中は、体重管理や血糖値のコントロールが重要です。妊娠中はノンアルコールでも適量に抑えましょう。

まとめ

この記事では、ノンアルコールビールやノンアルコール飲料の基礎知識や、妊娠中での飲み方をなどを紹介しました。おなかの赤ちゃんにアルコールによる影響がないノンアルコールビールは、妊娠中や授乳中でも気軽に飲むことができます。

妊娠中は、体調の変化や不安などでストレスをためやすいので、気をつけなければいけません。そんなときはアルコール分が含まれないノンアルコールビールを飲んで、ストレスを解消するのがおすすめです。

身体を冷やしたりカロリーを摂りすぎないように、適度にノンアルコール飲料を楽しんでください。

 

ブログに戻る