禁酒することで髪の毛が生える?薄毛とアルコールの関係性について徹底解説!

禁酒することで髪の毛が生える?薄毛とアルコールの関係性について徹底解説!

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

アルコールは、薄毛の原因のひとつです。なぜなら、アルコールは血流を悪くさせ、髪の毛の成長に必要な栄養素が十分に行き届かなくなるためです。

アルコールを毎日飲む方の中には、薄毛に悩んでいる方も多くいることでしょう。もしかしたら、その薄毛の原因は毎日のアルコールにあるかもしれません。

そこでこの記事では、アルコールと薄毛の関係性について詳しく解説します。この記事を参考に、毎日のアルコールを見直していきましょう。

禁酒の味方、ノンアルコールビールBRULOの購入はこちらから

禁酒で髪の毛が生える?アルコールと薄毛の関係性

禁酒と薄毛対策との間にある関連性については様々な議論がありますが、禁酒によってもたらされるメリットは存在します。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 禁酒で薄毛対策ができる
  • 禁酒で髪が生えるまでの期間はおおよそ半年

禁酒で薄毛対策ができる

お酒を飲むと、髪の成長を妨げる原因となるため、薄毛になる可能性があります。禁酒することで、これらの原因を取り除き髪の成長を促進することができます。

ただし、薄毛の原因はアルコールだけではないため、禁酒しても髪が生えてこないこともあります。原因がわからないときは、医療機関や専門家に相談するようにしましょう。

禁酒で髪が生えるまでの期間はおおよそ半年

禁酒して抜け毛が減り、髪が生えてきたと実感するまでに3〜6か月かかります。これは、1つの毛が成長し抜けるまでに約3〜6か月かかるためです。いわゆるヘアサイクルというものです。

禁酒することで、髪の毛にアルコールの影響がなくなり、髪の成長が促進されます。しかし、髪が成長し、自分で実感できるまでには時間がかかります。

そのため、禁酒してから6か月間は髪の状態を気長に待つことが大切です。

アルコールと薄毛の関係

アルコールと薄毛の関係についての研究で、過度な飲酒が薄毛のリスクを高める可能性があるとされています。アルコールは栄養素の吸収を妨げ、髪の成長に必要な栄養供給を減らすことがあります。

また、アルコールの代謝物質が髪を構成するタンパク質の産生を阻害する可能性もあります。血流の悪化も頭皮の健康に影響を及ぼすかもしれません。

個人差や摂取量による結果は異なりますが、適度な飲酒やアルコールの過剰摂取を避けることが薄毛予防に重要でしょう。

アルコールが分解されたアセトアルデヒドが原因

アルコールを摂取すると、アセトアルデヒドが生成されます。アセトアルデヒドは、頭皮や毛髪に栄養が行き渡らなくなる原因となり、抜け毛や薄毛につながる可能性があります。

また、アセトアルデヒドは頭皮の皮脂分泌を促進し、頭皮環境を悪化させることもあります。アセトアルデヒドから見ても、飲酒は薄毛の原因と言えるでしょう。

頭皮や毛髪に栄養が行き渡らなくなる可能性がある

多くの方が知っているかもしれませんが、アルコールは肝臓で分解されます。しかし、アルコールを大量に飲むと、肝臓の機能が低下しアセトアルデヒドが分解されずに残ってしまいます。

アセトアルデヒドは、頭皮や毛髪の毛根にダメージを与え、栄養が行き渡らなくなってしまいます。そのため、アルコールを大量に飲むと、薄毛になるリスクが高まります。

禁酒することで肝臓の機能が回復し、アセトアルデヒドが分解されやすくなります。定期的に禁酒期間を作ることが大切でしょう。

ジヒドロテストステロンを増やす可能性がある

アルコールの飲みすぎは、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを増やす可能性があります。ジヒドロテストステロンは、頭皮の男性ホルモン受容体に取り込まれ、脱毛を促す信号を発信します。

その結果、髪の成長が阻害されて、髪のボリュームが失われます。男性ホルモンと言えば、男性特有のものと思われがちですが、実は女性の体内でも男性ホルモンが分泌されています。

実際に、ジヒドロテストステロンは女性の薄毛である「FAGA」の要因ともされています。このことからも、お酒の飲みすぎは薄毛を進行させると言えるでしょう。

睡眠の質が低下する

アルコールは髪の成長に悪影響を与える可能性があります。アルコールは、睡眠の質を低下させ、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌を減少させます。

そのため、アルコールの摂取は、髪の成長を阻害する要因と言えます。アルコールを飲む場合は、寝る直前は飲まないようにし、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

肝臓に負担がかかる

アルコールは、肝臓に負担をかけます。肝臓はアルコールを分解する役割を担っています。しかし、アルコールの摂取量が多いと、肝臓の負担が増加し肝機能が低下する可能性があります。

先述したように、肝機能の低下は薄毛の原因となるため注意が必要です。

頭皮に大切な栄養素が不足する

アルコールは、髪の成長に悪影響を及ぼす可能性があります。アルコールを分解するときは、髪の主成分であるケラチンを構成する「シスチン」や「メチオニン」が消費されます。

また、アルコールは栄養素の吸収を阻害し、頭皮環境や髪の成長に悪影響です。

糖質を過剰に摂取してしまう

アルコールは、糖質やカロリーが多く含まれています。高カロリーなお酒を多量に飲むと、血液中の中性脂肪が増えて血液がドロドロになります。その結果、頭皮への血流が低下して、髪に必要な栄養が不足する恐れがあるのです。

また、カロリーの高いおつまみを食べると、ますますカロリー過多になり、髪への悪影響が大きくなります。そのため、薄毛を予防するためには、アルコールの摂取量を控え、カロリーの高いおつまみは避けるようにしましょう。

禁酒することで薄毛の原因を防げる

アルコールは頭皮の血行を悪くし、髪の成長を妨げる可能性があります。また、アルコールは髪の毛の栄養を奪い、髪を細く弱くする可能性があります。そのため、アルコールを大量に飲むと、薄毛になるリスクが高まります。

禁酒することで、頭皮の血行が改善し、髪の成長が促進されます。また、髪の毛に栄養が行き届き、髪が太く強く成長できます。さらに、これまでアルコールの分解に使われていたエネルギーが髪の毛の成長に使えるのです。

さまざまな観点からも、薄毛の予防に禁酒は効果的と言えるでしょう。

禁酒を確実に成功させるためのポイント

禁酒を確実にするための要素としては現実的に以下のようなものが考えられます。ここでは、それぞれのポイントについて、細かく解説していきます。

  • 禁酒より節酒に重点を置く
  • ストレスの根源を解消させる
  • 適度に運動する

禁酒より節酒に重点を置く

飲酒を減らしたい場合、無理に禁酒するのではなく、週2日の休肝日を設けるなど、無理のないペースで始めることが大切です。

また、飲みたくなったらお茶やコーヒーで紛らわしたり、読書や映画鑑賞などの他の趣味を見つけたりして、お酒以外の楽しみを見つけることも効果的でしょう。

ストレスの根源を解消させる

ストレスを飲酒で紛らわそうとしても、根本的な解決にはなりません。ストレスの原因と向き合い、前向きに解決していくことが大切です。

ストレスの原因は人それぞれですが、仕事、人間関係、お金、健康など、人によってさまざまです。ストレスの原因を特定したら、その原因を解決するための具体的な方法を探しましょう。

ストレスを解決するためには、時間や労力が必要になる場合もありますが、前向きに取り組むことでより良い生活を送ることができるようになるでしょう。

適度に運動する

運動は、ストレス解消や安眠に効果的です。運動をすることで、脳内でエンドルフィンというホルモンが分泌されます。エンドルフィンは、痛みを和らげたり、気分を良くしたりする効果があります。

また、運動は血行を良くし、筋肉を疲労させます。筋肉の疲労は、睡眠の質を高め安眠につながります。

夜に寝付けないという方は、適度に運動してみましょう。運動をすることで、夜はぐっすり眠ることができるようになるかもしれません。

禁酒のストレスは髪の毛に影響する?

アルコールを禁酒すると、ストレスを感じやすくなり、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れを引き起こす可能性があります。これらの影響により髪の成長が妨げられ、薄毛になってしまうのです。

ストレスを溜め込まないためには、適度な運動や趣味を楽しむなど、ストレス発散の方法を見つけることが大切です。また、食事や睡眠を規則正しくし、バランスの取れた食事を摂取することも大切でしょう。

禁酒しても薄毛が止まらない場合はAGA治療

薄毛についてはその原因が必ずしも禁酒にあるというわけではありません。AGAの治療を開始する前に、自分が発症しているのかを判断する必要があります。AGAの発症には明確な基準がないため、自己判断は難しいです。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが望ましいでしょう。

相談の結果、AGAでなければ禁酒や断酒などのセルフケアで、薄毛対策を行うようにしましょう。

禁酒と髪の毛に関するよくある質問

最後に、禁酒と髪の毛に関して多く寄せられる質問について紹介していきます。

飲酒によってAGA治療薬の効果が出にくくなることはある?

AGA治療薬は、アルコールの影響を受けません。しかし、過剰な飲酒はAGAの治療効果を妨げる可能性があります。

アルコールは、アセトアルデヒドを分解するためにさまざまな栄養素を使用します。その栄養素の中には、髪の成長に欠かせないアミノ酸も含まれています。そのため、過剰な飲酒は髪の成長を妨げ、AGAの治療効果を低下させてしまいます。

アルコール依存症は薄毛が悪化する?

アルコールは、髪の成長に良くない影響を与えます。しかし、アルコール依存症だからといって、必ずしも薄毛が悪化するとは限りません。なぜなら、アルコールの分解速度や髪質には個人差があるからです。また、体質的にアルコールが飲めなくても薄毛が進行する人もいます。

しかし、アルコール依存は薄毛だけでなく、日常生活にも支障をきたします。アルコールを飲まないといられない方は、1度病院で診断を受けるようにしましょう。

ミノキシジルとアルコールの同時摂取は問題ある?

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)とアルコールは、どちらも血圧を下げる作用です。そのため、同時に摂取すると、相乗効果によって血圧が低下しすぎる可能性があります。

また、どちらも肝臓で分解されるため、同時摂取により肝臓に大きな負担がかかるかもしれません。

多くの方はアルコールを夜に摂取することが多いので、ミノキシジルは朝に服用して摂取の間隔をあけるのがいいでしょう。

女性は禁酒と薄毛の関係はある?

女性においても、過剰なアルコール摂取は薄毛のリスクを高める可能性があります。アルコールの消化や代謝が栄養素吸収を妨げ、女性ホルモンのバランスを乱すことも考えられます。

したがって、女性も適度な飲酒やアルコールの過剰摂取を避けることが薄毛予防に重要です。個別の状況に応じて、専門医のアドバイスや適切なケアを受けるようにしましょう。

まとめ

この記事では、禁酒することで髪の毛が生えるのか、薄毛とアルコールの関係性について徹底解説しました。解説したように、アセトアルデヒドやカロリー過多、栄養の吸収の阻害など、アルコールはさまざまな形で髪に悪影響を及ぼします。

そのため、禁酒することで髪の毛のコシやハリが改善する可能性があり、薄毛のリスクが下がります。ただし、禁酒が薄毛を完全に治すわけではないため、他の薄毛対策も併せて行う必要があります。

この記事を参考に、日々のアルコール摂取を見直しましょう。

禁酒の味方、ノンアルコールビールBRULOの購入はこちらから

ブログに戻る