禁酒でEDを治すことは可能?アルコールと勃起メカニズムの関係性を徹底解説!

禁酒でEDを治すことは可能?アルコールと勃起メカニズムの関係性を徹底解説!

RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

ED患者は年々増えており、日本人男性の3人に1人がEDに悩んでいるというデータがあります。過度な飲酒は、EDになる原因の1つだとも言われています。

中には、EDで悩んでいる方やEDで恥ずかしい思いをしてしまった方もいることでしょう。

そこでこの記事では、禁酒がEDの原因になる理由について詳しく解説します。普段から飲酒しており、EDに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

禁酒の味方、ノンアルコールビールBRULOの購入はこちらから

毎日お酒を飲む男性はEDに特に注意!

毎日お酒を飲む男性は、EDに特に注意が必要です。特に40代以上の方で毎日飲酒をしている方の35.1%が、EDに悩んでいるというデータもあります。

しかし、適度な飲酒であればEDに効果的です。過度な飲酒がEDの原因になる理由について、以下で解説していきます。

過度なアルコール摂取は勃起力を低下させる

アルコールを過度に摂取しすぎて勃起力を低下させる理由は、主に以下の3つです。

  • 運動機能が低下するから
  • 陰茎への血流を減少させるから
  • 集中力が低下するから

毎日お酒を飲みすぎている方は、理由を知っておくとED改善につながるでしょう。

運動機能が低下するから

過度にアルコールを摂取すると、運動機能が低下します。以下は、血中アルコール濃度と酔いの効果のグラフです。

血中アルコール濃度と酩酊症状 引用元:e-ヘルスネット

血中アルコール濃度が150mg/dlを超えたくらいから運動機能が低下していきます。たとえば、まっすぐ歩けなくなったり、思い通りに身体が動かなくなったりします。

勃起中枢の動きが阻害されると、脳からの指示がうまく伝達されずに勃起しません。そのまま性行為に臨んで失敗してしまうと、自信を無くしてしまいEDの原因になります。お酒を飲みすぎて勃起に自信がないのであれば、その日は性行為をやめておきましょう。

陰茎への血流を減少させるから

過度なアルコール摂取は陰茎への血流が減少するため、勃起力が低下します。

適度なアルコール摂取であれば、血流が良くなりEDへの改善につながります。しかし、アルコールでの血流が良くなるのは一時的な効果でしかないので、飲み過ぎには十分に注意しましょう。

集中力が低下するから

意識が朦朧とするまでアルコールを摂取すると、集中力が低下して性行為どころではなくなります。その結果、勃起力も低下するのです。

アルコールを過剰に摂取すると、以下のような症状があらわれます。

  • 眠気
  • 頭痛
  • 動悸
  • 胃もたれ

上記のような症状があるときは、性行為に集中できません。そのうえ、EDにつながる可能性が高まるのでやめておきましょう。

適度な飲酒はEDに効果的!

過度なアルコール摂取は、EDの原因になると説明しましたが、適度な飲酒であれば勃起力を高めEDの改善に効果的です。

勃起するときは、副交感神経が優位になったときです。つまり、精神的にリラックスしている状態を指します。

緊張やプレッシャーからなる心因性EDであれば、気持ちを落ち着かせることが大切です。そのため、性行為前に少量のアルコール摂取をしておくと良いでしょう。

また、アルコールを毎日飲みすぎると運動力や集中力が低下して、勃起力が低下してしまいます。休肝日を作って、アルコールを摂取しない日を作るのもED改善に効果的でしょう。

EDとは?

EDとは勃起機能が低下しており、日本では勃起障害や勃起不全と呼ばれます。以前は、インポテンツという言葉もありました。

EDの原因はさまざまで、アルコールの過剰摂取や暴飲暴食、喫煙などがあります。EDの種類について、以下で詳しく解説します。

器質性ED

勃起するには脳から神経や血管を通じて指令を出します、その神経や血管に問題があって勃起力が低下している場合が「器質性ED」です。

器質性EDの原因は、加齢による血流が悪化することにあります。他にも高血圧や糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化の進行や、神経が損傷または圧迫されていることなども原因になります。

心因性ED

ストレスやトラウマ、プレッシャーなどの精神的問題で勃起力が低下するのが「心因性ED」です。

精神的な問題が脳からの命令を陰茎まで上手く伝達できずに、EDになっているといわれています。性行為の失敗や日々のストレス、子作りのプレッシャーなど多くの原因があげれられます。

日々ストレスを発散したり、夫婦で話し合ったりすることで改善されることもあるでしょう。

混合性ED

器質性EDと心因性EDを両方とも持ち合わせているのが「混合性ED」です。ED患者の中で最も多いのが、この混合性EDだといわれています。

加齢や生活習慣病などの影響で血流が悪化している状態に、精神的な問題が重なりさらに勃起力が低下します。

加齢による勃起力低下がストレスやプレッシャーになり、EDの症状が重くなってしまうことがあるのです。

薬剤性ED

病気やケガにより薬を内服している場合にその副作用で起きるのが「薬剤性ED」です。解熱剤や消炎鎮痛剤などのさまざまな薬が影響を与えることもありますが、特に消化管や循環器系に作用する薬の影響がほとんどです。

EDの治療で医師に相談する場合は、内服している薬のことは伝えておきましょう。原因がわからずに、後々薬の内服が勃起力に影響していたとわかることもあります。

勃起の体内メカニズム

基本的に性的な興奮や刺激が脳に加わることで、脳が勃起への指令を神経や血流を通じて陰茎に届きます。そして、陰茎内にある海綿体に血液が流れ込み、膨張するのが勃起の現象です。

脳からの伝達がうまくいかずない場合は、血液が陰茎の海綿体に流れ込まずに勃起ができません。EDの場合は何かしらの原因があり、陰茎まで血液がたどりつかないのです。

アルコールとEDの関係性を調査した研究結果

引用元:NCBI公式サイト

アルコールの過剰摂取がEDに関係していると説明しましたが、アルコールとEDの関係性を調査して研究結果を見ていきましょう。

研究結果を知っているだけで、お酒の飲み過ぎに注意できます。そのため、EDに悩んでいるけどアルコールの摂取をやめられないという方は、ぜひチェックしておきましょう。

アルコール依存症の72%が性機能障害(EDなど)を発症

アルコール依存症の72%の方が、1つ以上の性機能障害を発症していることが、海外の研究で明らかになりました。性機能障害とは、EDや早漏、性欲低下などです。また、アルコールの摂取量が増えるほど、性機能障害の発症リスクが増大する傾向にあります。

アルコールの過剰摂取はEDを引き起こす原因にもなるので、禁酒や減酒を心がけるようにしましょう。

3ヶ月の禁酒によりED患者の88.5%がED改善

なんと3ヶ月間の禁酒によりED患者の88.5%が改善に至ったという海外の研究結果があります。毎日アルコールを摂取している方でEDになっているのであれば、禁酒がED改善に有効であるかがわかる結果です。

いきなりの禁酒は難しいかもしれませんが、少しずつアルコールの量を減らしてみることを意識してみましょう。EDが改善されれば、性行為への満足度も増し、これまで以上の快感を得られるでしょう。

EDの主な原因

EDの原因はさまざまですが、主な原因は以下の3つです。

  • アルコール依存
  • 食生活の乱れ・運動不足
  • 喫煙

EDの原因を理解することで、現在の習慣や今後の生活の見直しや改善に繋がります。以下で、それぞれ詳しくみていきましょう。

アルコール依存

アルコールが必ずしも、EDに直結するとは限りません。適度なアルコール摂取であれば、全く飲酒をしない方に比べてEDの発症リスクが低いです。

また、毎日アルコールを過剰摂取しているからといっても、必ずEDになるわけではありません。しかし、飲酒による生活習慣病でEDを併発する可能性はあります。

アルコール依存にまでなると、72%の方が何らかの性機能障害が発症していると明らかになっています。アルコールを毎日飲み続けて依存までになると、EDが引き起こされる可能性があります。

食生活の乱れ・運動不足

食生活の乱れや運動不足は、糖尿病や肥満などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。その結果、血液の流れが悪くなり勃起力が低下してしまうかもしれません。

肥満の方はEDのリスクが高まり、さらに程度が高いほど悪化しやすいといわれています。また、運動強度が高い方がEDのリスクは低下します。

食生活や運動不足の改善を日頃から行い、EDのリスク低下に合わせて生活習慣病の発症リスクも抑えていきましょう。

喫煙

喫煙が肺などの呼吸器へ悪影響を与えます。しかし、呼吸器以外にも血管や神経の働きに影響を与え、EDの原因になります。

喫煙によっては血管が損傷を受け成分が変化することで、動脈硬化を引き起こす可能性があります。また、インスリンの働きを妨げるため糖尿病のリスクにもつながるかもしれません。

非喫煙者に比べてEDになりやすいので、EDに悩んでいるのであれば禁煙を考えてみると良いでしょう。

飲酒が原因でEDを発症した時の治療法

飲酒が原因でEDを発症した場合は、以下の治療法が効果的です。

  • お酒の代わりとなる飲み物で禁酒してみる
  • アルコールは適量に抑える
  • 治療薬を使う

1番の治療法は、禁酒することです。しかし、いきなりの禁酒は難しいので代わりになる飲み物を探し、アルコールの量を抑えていきましょう。

お酒の代わりとなる飲み物で禁酒してみる

普段からお酒を飲んでいる方は、アルコールを楽しむというよりも水分補給として飲んでいる方もいるのではないでしょうか。そこで、お酒の代わりとなる飲み物で禁酒してみるのが効果的です。

以下の記事で詳しく説明しています。合わせてチェックしてみてください。

禁酒中にお酒の代わりになる飲み物はある?注意点やおすすめレシピも紹介!

ノンアルコール飲料

引用元:Beverich公式HP

禁酒をするのに人によっては、強い我慢が必要でした。しかし、ノンアルコール飲料が出てからは、禁酒中でも辛くないという方が増えています。

ノンアルコール飲料であれば、お酒のテイストを楽しめるうえに、お金も節約できるというメリットがあります。しかし、飲みすぎると太ってしまうこともあるので注意しましょう。

どうしてもお酒が飲みたくなったときは、ノンアルコール飲料を代用してみてはいかがでしょうか。アルコールが入っていないとはいえ、爽快感や飲む習慣を楽しみにしている気分は満たせるはずです。

Beverichでは、クラフトビールの風味をそのままに、アルコール0.0%を実現しました。ノンアルコールとは思えない苦味・香りが楽しめるノンアルコールビールが揃っています。

禁酒のパートナーにBeverichのノンアルコールビールを選んでみませんか。

果物のジュース

禁酒中のおすすめの飲み物は、果汁100%のジュースです。脳が働くには糖分が必要です。そのため、糖分を摂取すると脳は満足度が上がります。

お酒の中でもカクテルのような甘いものが好きな場合は、甘い飲み物が飲みたくなるでしょう。しかし、コーラなどの炭酸飲料などはおすすめできません。

どうしても甘い飲み物が飲みたい場合は、果汁100%のジュースを飲みましょう。オリジナルジュースなどを作ってみるのも楽しみが増えるのでおすすめです。

お茶

禁酒をきっかけに普段から口にする飲み物にも気を使いたいのであれば、お茶がおすすめです。お茶にはさまざまな種類があり、身体に良い影響を与えてくれます。お茶の主な効能は、以下のとおりです。

  • 老化防止
  • 生活習慣病の予防
  • 腸内環境改善
  • 抗菌・消臭作用

お茶は種類によって好き嫌いが分かれることもあるので、この機会に自分に合ったお茶を見つけて普段の飲み物に変えていきましょう。

牛乳

お酒の代わりに牛乳を飲むことでも、軽い小腹を満たしてくれるメリットがあります。ただ、牛乳の味はどの種類でもあまり変わらないので、飽きてしまう可能性もあるかもしれません。

ハチミツや砂糖などを混ぜて、アレンジしてみるのがおすすめです。しかし、ハチミツや砂糖を摂取しすぎると、糖尿病などの生活習慣病の原因にもなるので十分に注意しましょう。

紅茶系

紅茶系は日本だけでなく、海外でも多く親しまれています。紅茶の効能は、お茶とほぼ同じで、さまざまな効果が得られるのが特徴です。

紅茶の香りが飲酒を抑制してくれて、アロマセラピー効果もあります。心を落ち着かせたり、バランスを整えたりするのに最適です。

アルコールは適量に抑える

アルコールの適量は、人によって全然違います。まずは、適量を知ることが大切です。アルコールを適量に抑えられれば、ほろ酔い程度で終わるためむしろ勃起力が上がります。

一方、過度にアルコールを摂取してしまうと、勃起力低下の恐れがあります。アルコールは飲み過ぎに注意して、ほろ酔い程度で楽しみましょう。

治療薬を使う

EDの原因がアルコールにある場合は、ED治療薬を使うのがおすすめです。ED治療薬は陰茎の血管拡張作用があるため、勃起力が上がるでしょう。そのため、性行為前に服用すれば満足した状態で臨めます。

しかし、アルコールと一緒に服用する場合は、アルコールの飲み過ぎは注意が必要です。ひどい場合は、意識がなくなり倒れる可能性もあります。

アルコールと一緒にED治療薬を服用しても大丈夫?

結論、アルコールと一緒にED治療薬を服用しても問題ありません。むしろ、心因性EDの場合は、リラックスして落ち着くことが大切なので適度なアルコールは効果的です。

若い世代のEDはほとんどが、心因性です。初体験の失敗や不安、コンプレックスなどが原因となっていることが多いです。

ED治療薬を服用しても効果が出ない、日によって効果にムラを感じるという方は、適度なアルコール摂取がおすすめです。

アルコールと一緒にED治療薬を服用する際の注意点

アルコールと一緒にED治療薬を服用するのは問題ありません。しかし、注意点がいくつかあるので理解したうえで、アルコールを摂取しましょう。

それでは、以下で注意点について解説していきます。

酔いやすくなる

アルコールと一緒にED治療薬を服用すると、普段よりも酔いやすくなるので飲酒量には注意しましょう。陰茎の血管を膨張させる作用のあるED治療薬ですが、陰茎だけでなく全身の血管にも作用します。

そのため、血液中のアルコールが全身を回りやすくなり、普段よりも酔いやすくなるのです。お酒の適量は人それぞれですが、普段よりも控えるようにしておきましょう。

効果が出にくいこともある

適度なアルコールであれば、リラックス効果が得られ、ED治療薬の影響がありません。しかし、過度なアルコール摂取はED治療薬の効果を下げしまうことを覚えておきましょう。

過度なアルコール摂取が脳神経に影響し、勃起させる指令が上手に伝わらなくなります。脳からの指令が届かなければ、ED治療薬の効果は十分に得られません。

副作用が出やすい

ED治療薬には、以下のような副作用があります。

  • ほてり
  • 頭痛
  • 同期

上記はアルコールの過剰摂取でも起こりやすいです。そのため、アルコールを摂取しすぎると、ED治療薬の副作用を強調させる可能性があります。

また、ED治療薬とアルコールの血管拡張作用が高まると、低血圧になり意識を失う恐れもあるので十分に注意が必要です。

まとめ

この記事では、飲酒がなぜEDの原因になるのかを解説しました。適度なアルコールはリラックス効果がありEDに効果的ですが、過剰なアルコール摂取はEDの原因になります。

そのため、禁酒がおすすめです。特にお酒の代わりになる飲み物を見つけると継続しやすいでしょう。

また、ED治療薬を服用していても飲酒は問題ありません。しかし、飲酒をする際には飲みすぎないことや、副作用が出やすくなる可能性があることを忘れてはいけません。

この記事を参考に、今一度お酒との関わり方を見直してみてください。

禁酒の味方、ノンアルコールビールBRULOの購入はこちらから

ブログに戻る